もう借金返済に追われたくないなら当サイトで解決!
自己破産・過払金請求

もう借金返済に追われたくない
自己破産とは自己破産に必要な書類自己破産の手続きと流れ過払い請求HOME問い合わせ

過払い請求

過払い請求と聞いて、何のことかよ意味がわからない人も多いと思います。

借金整理の方法として、自己破産や任意整理などは広く知れわたっておりますが、自己破産は今ある借金をゼロにできるというイメージでしょうし、任意整理なら弁護士が自分に代わって借金を減らしてくれるというイメージが浮かんでくると思います。

それでは、過払い請求とはどんなものでしょうか。

過払い請求とは、利息を決めている利息制限法と出資法という2つの法律の矛盾をついて今ある借金をゼロにし、尚かつ、本来であれば金融業者に対して払わなくてよかったお金を返してもらう方法のことです。過払い金取り戻すなら必ず過払い請求の手続きを取らなくてはなりません。
借金がゼロになって、お金まで返ってくるので、借金に困っている人なら誰でも利用したい制度だと思うのですが、誰にでも過払い請求ができるわけではありません。

ある程度の借金と取引年数がないとお金は戻ってきません。

では、具体的にどのくらいの借金の額と取引年数がどれくらいかは、個々の状況により異なるために、一概には言えません。一般的に言われているのは、5〜7年以上の取引年数があれば過払い金が発生すると言われております。

過払い請求はもちろん弁護士や司法書士に依頼することもできますし、また、自分で行うこともできます。 それぞれ一長一短がありますので、どちらが良いとも言えませんが、自分の状況に合わせて決める事をオススメします。

利息出資法があるのになぜ、消費者金融は出資法なのか?

貸金業者がなぜ利息制限法を守らずに、出資法の金利率を設定できるかということですが、実は利息制限法を守らずとも罰を与える法律がないためなのです。
刑事罰となるのは出資法で定めた「29.2%」を越える場合になります。したがって、違法行為をしているのにもかかわらずに罰則がないという事で29.2%という制限いっぱいの高金利率を設定するのです。
そのため、過払い金返還請求でグレーゾーン金利による利息分を取り戻すことができるのですが、多くの方は法律について素人同然であり、過払い金という存在そのものを知らないという方が多くいらっしゃるようです。

注目サイト

展示会ブースの装飾デザイン・運営依頼におすすめの会社5選【東京】

最終更新日:2018/10/29

(c) もう借金返済に追われたくない Allright Reserved.